ホーム > 恋愛 > モテる男を諦めるのも正解

モテる男を諦めるのも正解

俺はダサかった。小学生や中学生時代はいつもいじめれら、高校に入ってもいじめられ。ダサさの極致だった。

クラスではいつもうだつの上がらない、弱い、顔も悪い男というレッテルを貼られ、ひどいときはズボンを下ろされ写真撮られたり、唾を吐きつけられたりと本当に過酷な数年間を送っていた。

 

そんな中学3年生の時、ちょうど今くらいかな、正月が終わり3学期のはじめ。無茶苦茶かわいい女子からラブレターが届いた・・・(;・∀・)

 

ありえん。謀略?俺をはめるために何かあるのか?と素直に喜べず、猜疑心からその手紙を返事することなく放置してしまった。

 

だって内容は・・・

 

あなた(俺)のことを考えるだけで夜も眠れない

 

これ本気かよって思うし、罠だろうと思ったわけ。

 

しかしどうやら本気だった。

 

結局3学期が終わると高校になるのでそれまで放置はしたけど、卒業式に彼女の家に行ったしまった。

 

「手紙ありがとう。俺のようにダサい男に君のような最高の女性から声がかかるなんてありえない」って思ったからね。と思いを伝え。

 

自宅に招かれてたわいもない話でその日は別れた。

 

高校が同じ方向で、同じ時間の電車に乗れば問題ないね!という話まで出てきた。

俺が武蔵小金井。彼女が阿佐ヶ谷。方向一緒じゃん。

 

で、高校入学してほどなくして彼女にTEL、駅の位置を指定して、毎日彼女と通学!!

いやー結局それから3年間付き合いましたよ・・・

 

高校入学当時ははじめはいじめもあったけど、彼女の存在が自信となり、だんだんいじめも無くなり、高校1年終わりには全くいじめも無くなったのが素晴らしい

 

自信って人の人生変えるってしみじみ思った。

 

だからモテないなんて諦めるのはきっと人生にマイナスになるよ。

 

いいたいことは、

モテたいという思いだけを諦めるのはいい。しかし、自分を向上させることを諦めちゃだめね。

 

そうすると結果が付いてくる。モテたいから頑張るのという発想もいいのだが、

 

自分を磨くために努力する、頑張る。これをすることで結果的に遠回りに見えることが、実は結果が早く訪れるってこともあるのだ。

 

ちなみに俺が高校で頑張ったことは、これ

 

すごく小さくて彼女より小さい。なので少しでもデカくなりたくて一生懸命努力した。この努力かわからんが、容姿がいっぺんしてしまった。まあ時期的にも大きくなる年代だけど。

 

精神的自信と、実際に大きくなったことでその後の人生が昔の想像とかなり良い方向へ変わって本当に良かったと思う。もしネガティブ思考でふさぎがちだったらきっとこんな楽しい人生になっていなかっただろう。

 

彼女も変わりものだっていうのもあるのだが・・・